スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年04月01日

豊胸手術について

もともと日本人はバストがそれほど大きくない傾向にありましたが、
現在では食生活の欧米化などにより大きなバストの女性が増えてきました。

それにより小さいバストを持つ人の悩みは以前よりも大きなものになっています。
その悩みを解消しようとバストアップ豊胸に様々な手段で取り組む人が増えているのです。

豊胸手術の基本は、わきの下や乳房を切開して人工物を挿入すること。

この人工物により“上げ底”効果でバストアップさせるのです。

“上げ底”としておなじみなのは中に液状のジェルが入っているシリコンバッグ。

最近ではシリコンバッグと違って液漏れの恐れがないコヒーシブシリコンが主流のようです。

胸を切り開いて人工物を挿入しバストアップさせる豊胸手術では、どうしても傷跡は残ります。

わきの下を切開する方法もありますが、水着やキャミソールで傷が気になることも。

乳輪に沿って切る場合は傷跡は目立ちませんが、授乳に障害が起こる場合が稀にあります。

豊胸手術でバストアップさせる場合は、あまり大きすぎる望みを持たないことも大切。

完璧に左右の大きさを一緒にすることはできませんし、
脂肪注入では細胞組織の一体化が進まず望んだ大きさにならないこともあるかもしれません。

デメリットに目をつぶるのではなく、きちんと理解した上で手術に臨みましょう。

最新バストアップ情報は・・・・人気ブログランキングへ  


Posted by マル at 10:03Comments(0)豊胸手術

2008年04月02日

豊胸手術の効果

数あるバストアップ法で飛躍的な効果を得られるのが豊胸手術。

日本ではまだ抵抗を感じる人が多いでしょうが、アメリカでは年に25万件以上の豊胸手術が施されています。

ちなみにアメリカでは、年間10万件ほどの乳房縮小手術も行われているそう。大きすぎるなんて贅沢な悩みですね。

豊胸手術が行われるようになってから数十年経ちますが、豊胸手術の歴史は合併症と副作用の戦いでした。

最近では医学も進歩し昔ほど危険なものではなくなりましたが、手術である以上、医療ミスや医師の技量によっては感染症などの不安はあります。

バストアップのために手術ができるか?をよく考えましょう。

バストアップ豊胸に必要な女性ホルモンの分泌に関係のあるツボ「だん中」。
左右の乳首を結んだラインの中央(指圧で痛みを感じる所)にあります。

だん中を両手の人差し指と中指で押さえ、そのままゆっくり息を吐きながら上体を倒し、息を吐ききったらゆっくりと吸いながら上体を起こしましょう。

最近ではプチ豊胸(SUB-Q)が話題になっています。

SUB-Qという粒子の大きなヒアルロン酸を注入してバストアップを図るものです。

注入する量は100~200cc程度、これによりブラジャーのサイズが1カップほど上がるようです。

ただ、効果は永久ではありませんので、繰り返し行う必要があります。

最新バストアップ情報は・・・・人気ブログランキングへ
  


Posted by マル at 11:15Comments(0)豊胸手術