スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年03月30日

バストアップの知識

エクササイズサプリメントツボ押しなど、バストアップには様々な方法があります。

これらはどれも体に直接働きかけるものですが、ダイエットと同じで長期間続けなければ効果がなく、モチベーションを保つのが大変。

手っ取り早くバストアップを体感するなら、下着選びにこだわってみませんか?

バストアップの方法として下着に頼るのは根本的な解決にはなりません。が、即効性があります。
友人の披露宴で胸の開いたドレスを着る、合コンでちょっと勝負する、などなど、使えるシーンは多々。

また、ブラジャーの正しい付け方を知ることで肩こりや猫背の解消にもなります。

お腹が腰や冷えやすい女性は卵巣周辺の血行が悪くなります。
卵巣は女性ホルモンを作る場所ですから、血行不良により機能が低下すると、美しいバストを保つことができなくなるのです。

また、バスト周辺の血行が悪くなる猫背もNG。血行を良くすることがバストアップの方法なのです。

カフェインは脂肪を分解する機能があるため、バストアップを目指すなら控えた方が無難。

たばこは女性ホルモンの分泌を妨げ、ビタミンCをも破壊してしまうというバストアップの邪魔者です。つまり、バストアップの方法として一番身近なのは、健康的な生活をすること。

もう一度自分の毎日を振り返ってみましょう。

最新バストアップ情報は・・・・人気ブログランキングへ   


2008年03月31日

バストアップの知識(2)

豊胸手術は最も効果がダイレクトに出るバストアップの方法ですが、体内に異物を入れることに抵抗がある人もいるでしょう。

そんな人におすすめなバストアップ方法が、ツボ押しとヨガ。
西洋医学がダメなら東洋医学、というわけではありませんが、ツボ押しとヨガなら体の中から働きかけることができます。

女性のバストは90%が脂肪、残り10%が乳腺です。この乳腺は赤ちゃんが飲むおっぱいを作り、乳首まで運ぶ器官。

妊娠中に胸が大きくなるのは乳腺が発達するからです。

乳腺の発達には女性ホルモンの分泌が関係してくるので、つまりは女性ホルモンを豊富に分泌させることがバストアップの方法だと言えるでしょう。

バストアップとは切っても切れない乳腺の発育と関係するツボが「天渓」。

バストと胸部の境目の乳房の輪郭線の脇、乳首と同じ高さに位置しています。

骨と骨の間の痛みを感じる所です。左右のバストを持ち上げるようにし、親指で内側に向かって押しましょう。
左右同時にやるのがいい方法です。

女性ホルモンだけでなく、成長ホルモンもバストアップの鍵を握っています。

成長ホルモンを多く分泌させる方法は、運動後に休息すること。

運動によって筋肉が破損すると、それを修復しようと成長ホルモンが分泌されます。

寝る前に軽いエクササイズを行えば、効果的に成長ホルモンを分泌させることができます。

最新バストアップ情報は・・・・人気ブログランキングへ